« 厳冬のモスクワ | Main | モスクワの氷祭り? »

22.01.06

ロシアの蜂蜜図鑑

厳冬が続いているが、あとひとつきもすれば(ロシアの)暦の上では冬ともお別れ、今日はモスクワで私が常食していた蜂蜜をご紹介します。

bely_akatsuiya_1374 アカシア(Акация) 高級蜂蜜のひとつ。低温でも結晶せず香りもよい。目によく、解熱作用、止血作用があるといわれる。クセもなくおいしい。

boyaryshnikovy_1073 サンザシ(Боярышниковый)心臓および血管に効くといわれる。病気予防、お年寄りの滋養によいとされる。漢方でもサンザシは重要な樹木。

kashtan_1252 栗(マロニエ) (Каштановый)そばの蜜のような独特の香りと苦味。民間療法では気管支炎に効くといわれる。値段も高く、ちびちびと食べた。

malina_1506 木苺(Малиновый)ロシア語ではマリーナ。ビタミンを多く含むので、風邪をひいたときに取るとよいといわれる。なので、もっぱらビタミン補給として食べた。

rapsovy_1064  アブラナ(Рапсовый)ビタミン(特にカロチン)、ミネラルを多く含み内臓によいとされ、特に利尿作用があることが知られている。

salvia_1234

サルビア(Шалфейный)珍しいので買ってみた。わりと濃厚な味。

zolotornik_1180 アキノキリンソウ(Золотарниковый)腎臓および泌尿器官によいとされる。また肝臓にもよいらしい。利尿作用は確認できず。

ecpartset_1313 イガマメ(Эспарцетовый)ビタミン(特にカロチン)、ミネラルを多く含む。結晶成分が多く、ざらざらとした舌触り。

このほか、写真は撮らなかったが、よく食べていたのは菩提樹、ナナカマド、五月の花ミックス、クローバー、野バラなど。そばの蜜は一番健康によいと推されたが、あまりの臭さにそれほど食べなかった。

dom_myoda1 dom_myoda2 購入場所は主に、ノヴォクズネズカヤ通りのドム・ミョーダ(Дом меда) 。蜂蜜のほかに、養蜂道具、蜜蝋化粧品、自然食品などがそろう。住所:Ул.Новокузнецкая 5/10 、最寄地下駅Новокузнецкаяより徒歩5分。

|

« 厳冬のモスクワ | Main | モスクワの氷祭り? »

伝統的食材」カテゴリの記事