« ロシア映画の公開ラッシュ | Main | 故ヨハネ・パウロ2世とモスクワカトリック »

03.04.06

モスクワで見た月食

今年はエジプト・トルコで皆既日食が見られた。多くのロシア人日食ハンターも観測に出かけたことだろう。私はといえば、まだ部分日食どまり。生きている間に一度は皆既日食を見てみたいものだと思う。Lunar_espicle_2_1

さて、モスクワでは2002年に皆既月食が見られた。私も無謀ながらデジカメと双眼鏡で「にわか観測」。同じような意図を持つインド人親子やロシア人夫婦と共に、アパートの駐車場で数時間粘った。Lunar_espicle_1_1

大都会モスクワは、空があっても眺めるべき星空は少ない。夏は夜が短く冬は厚い雲。春や秋もネオンがうるさく見える星が少ない。そんな状況で唯一星空を本格的に観測できるのがモスクワ大学にある天体望遠鏡だ。平坦なモスクワの中でも、小高い丘の上に立つモスクワ大学は格好の星空観測場であり、一般市民が参加できる天体クラブもある。しかしここ数年、このクラブの参加費が値上げされ、どうやら「星空観測サロン」と化しているらしい。眺める空にも経済格差?が出現したということだろうか。

|

« ロシア映画の公開ラッシュ | Main | 故ヨハネ・パウロ2世とモスクワカトリック »

気象・天体事象」カテゴリの記事