« 故ヨハネ・パウロ2世とモスクワカトリック | Main | 薄く長いアルメニアのパン »

06.04.06

モスクワで見た虹

雨は季節の変わり目を教えてくれる。モスクワでも雪が雨になり始めたら、それは春が来た証拠だ。逆に夏の夕立がしとしと雨になり始めたら、それは冬が近づいた証拠。

2004年のある秋の日、西の空に立つ大きな虹を見た。後にも先にもモスクワで虹を見たのはこのときだけ。そして虹が出た出たと騒いでいたのは、私だけだったような気がする。Rainbow

|

« 故ヨハネ・パウロ2世とモスクワカトリック | Main | 薄く長いアルメニアのパン »

気象・天体事象」カテゴリの記事