« ロックコンサート~日本人の目線から | Main | ロシア人から習った、5分でできる酒(?)のつまみ »

19.09.06

壁で会う

人と待ち合わせるときによく使われるのが地下鉄駅構内だ。天気に左右されないし、なにより場所代がいらない。

日本人と待ち合わせるときは、だいたいエスカレータ付近とかプラットホーム中央とかだが、ロシア人と待ち合わせるときは「на сцене(壁のあたり)で会おう」と言うことが圧倒的に多い。これはロシア人の生活の知恵だ。エスカレータの付近だと乗降客の邪魔になるし、ホーム中央部だと柱の影で見えないこともある。壁のあたりだと間違いがないし、混雑していても探しやすい。

しかし、これにも盲点がある。

モスクワ地下鉄には二つのタイプがある。プラットホームの片側がエスカレータでもう片側が壁になっているタイプ(たとえばキエフスカヤ環状線駅やオクチャーブリスカヤ環状線など)、そして両側が出口や乗換え口になっているタイプ(クールスカヤ、プーシキンスカヤなど)である。

「壁」のない駅では、やはり「ホーム中央あたり」とかどちらの出口付近とかで待ち合わせることになる。

ところで、豪華な装飾が施されているモスクワ地下鉄は、「壁」もその駅の名称にちなんだモニュメントがあっておもしろい。私はもっぱら「壁待ち」派であった。

Shosse_entuziastov ←ショッセ・エントゥージアストフ駅(Ст. Шоссе энтузиастов)             Polyanka

    →パリャンカ駅(Ст.Полянка)

Babushkinskaya ←「壁」のないタイプの駅

|

« ロックコンサート~日本人の目線から | Main | ロシア人から習った、5分でできる酒(?)のつまみ »

「地下鉄」カテゴリの記事