« モスクワのコリアン | Main | スタジオ劇場「人間」 Театр-студия "Человек" »

07.02.07

地下鉄テロ3回忌

2004年2月7日朝起こった、モスクワ地下鉄テロ。早いもので今年で3周年となる。

死者42人、負傷者約250人もの犠牲を出した大惨事。爆弾テロは過去何度か起こっていたが、地下鉄で起こったのは初めてだった。とっさに浮かんだのは東京の地下鉄サリン事件。事件直後、家にいた私は知り合いのロシア人に電話をかけまくって安否を尋ねた。

モスクワ市民にとって、地下鉄は「足」というより「生命線」だ。事件が起こったのはアフトザヴォーッツカヤ地下鉄駅とパヴェレツキー鉄道駅中間のトンネル。この鉄道ラインは、チェチェンへ向かう鉄道ルートに重なる。ならば次はどこの地下鉄路線が狙われるか。皆戦々恐々としたものだ。

同年8月31日に起こった爆弾テロ事件は、リーシスカヤ地下鉄駅の外だった。

頻発テロの起こった年から時がたつにつれ、当時の恐怖は薄れていく。それはよいことなのか悪いことなのか、根本原因が未解決の現況ではなんともいいようがない。

|

« モスクワのコリアン | Main | スタジオ劇場「人間」 Театр-студия "Человек" »

「事件回想」カテゴリの記事