« ヴィソツキー博物館 | Main | 外国人アパート »

30.03.07

セルギエフ・パサート

ロシア正教の聖地であり、観光スポットとしても有名なセルギエフ・パサート。最近では観光客用のツアーも多く出ており、非常に行きやすくなった。

私は1999年、2003年と2回訪問したが、初回は郊外電車、2回目はバスを利用した。バスは運転席の隣にボンネットがあるような古い黄色塗りのタイプで、一言でいうと「田舎のバス」という感じ。モスクワ郊外に出ると、停留所でもないところから人が乗り降りする。一方郊外電車の方も、乗っている間入れ代わり立ち代り行商人がやってきて、安っぽい文具などをセールスしていく。

セルギエフ・パサートを訪問した2回とも、イベントが行われていた日だった。初回はSergiev_pasad0114 聖水が出てくる井戸の解禁日のようだった。司祭が祈りをささげたあと、聖水を入れるペットボトルやタンクを持った信者らがつめかけ、教会周囲はたいへんなにぎわいぶり。私も特製の聖水ボトルを買って水を持ち帰った。

2回目の訪問のときは、折りしも教会の大鐘が修復され、奉納される儀式の最中だった。アレクシー2世総司教やルシコフ・モスクワ市長らが参列。一帯は交通規制が敷かれた。ヘリコプターからの撮影もあり、テレビニュースで報道された。

セルギエフ・パサートには大きな男子修道院もあり、黒い僧衣を風になびかせた神学生に遭遇する。でっぷりとした司祭と対照的に、彼らはおおむねやせている。

宗教聖地でありながら、近所にマトリョーシカ博物館などもあり、最近は自治体総出で観光売り出しをしているような観がある。

Sergiev_pasad0118

Sergiev_pasad0115

Sergiev_pasad0117_1

Sergiev_pasad0119

Sergiev_pasad0116

聖水ボトル。聖堂のレリーフが施された凝った作り。

Sergiev_pasad_bottle3_1Bottle3_1Bottle_1

バス:ВДНХバス停留所から随時。発着所は頻繁に変更されるので、要注意。

|

« ヴィソツキー博物館 | Main | 外国人アパート »

観光ポイント」カテゴリの記事