« せっかちなロシア人 | Main | 第三環状道路(3-е кольцо) »

15.05.07

カローメンスコエ(Коломенское)

5-6月のモスクワは快適だ。日没も遅いし、とにかくどこかへ出かけたくなる。初夏のひととき、史跡散策をしながらのんびり楽しむなら、カローメンスコエ公園がお勧め。イワン雷帝以来、ピョートル大帝など歴代皇帝がすごした夏の御所だ。

内部に建つ教会群は1530年築といわれる。また、修道院に併設された養蜂園はロシアでも屈指の歴史を持っている。現在はモスクワ南部にある広大な博物館公園として市民の憩いの場となっており、木造のアトラクションやあずまや風レストランも併設。蜂蜜即売会や野外イベント会場としても利用されている。Kolomenskoe0183 モスクワ川の流れも楽しめ、夕暮れを見ながら(アブや蚊も出てくるが)広い空を見上げるのもよし。休日は家族連れでにぎわう。

もちろん、冬も夏に劣らずステキだ。一面雪に覆われた景色は、寒さを忘れるほど美しい。ぜひ訪れてほしいところのひとつである。

http://www.museum.ru/Kolomen/

|

« せっかちなロシア人 | Main | 第三環状道路(3-е кольцо) »

観光ポイント」カテゴリの記事