« チェルキーゾフスキー市場(Черкизовский рынок ) | Main | 夏のトラム(路面電車) »

08.07.07

ノーヴィ・エルサレム(Новоиерусалимский Монастырь)

モスクワから北西へ約60km、ヴォロコラアムスコエ街道にあるイストラ(Истра)という町のそばに、ユニークな形の修道院がある。その名もノーヴィ・エルサレム復活修道院。「新しいエルサView1 レム」という意味だ。Church_view 交通手段は郊外電車とバスがあり、私は行きが電車で(べラルースキー駅-イストラ)、帰りはトゥーシンスカヤ地下鉄駅方面のバスで帰ってきた。

この修道院は、トルコ帝国に征服されたビザンチン帝国の復興を担うべく、「第三ローマ帝国」をモスクワに興すという宗教的目的から、ロシア正教会最高位の総主教ニコンによって1656年に建設が始められた。パレスチナにあるオリジナルのレプリカを目指し、教会建造物のみならず周囲の地形もパレスチナをそっくり真似しているところがすごい。View2

Church1 イストラ川や近郊の山をヨルダン川やシナイ山に見立て、さらにベツレヘムに見立てた村々を周囲に配置。「ノーヴィ・エルサレム」と正式に名づけたのはロマノフ王朝第二代皇帝アレクセイ・ミハイロヴィッチだ。1941年冬にナチス・ドイツ軍により破壊され、ソ連崩壊後、ロシア正教会により内部Carriage の修復が行われた。Gate

この教会の見所は長い回廊のついた修道院建物、「たまねぎ坊主」のドームの下に屋根窓をめぐらした円錐の教会堂、水車などである。当時の井戸の跡もある。私が行ったときは、礼拝など行われていなかったが、時間帯によっては礼拝の様子を見学できるかもしれない。

ぐるりと中庭を取り囲む回廊は、まるで時代劇のセットのような雰囲気。 とても面白い。風車も内部を見学でき、近隣の村には馬車で行くことができる(私は乗らなかったが)。

Windmill Corridor1Corridor2

また、イストラはモスクワから行く手軽なレジャースポットとして、多くのコテージやホステルが点在している。

http://www.ierusalim.ru/

|

« チェルキーゾフスキー市場(Черкизовский рынок ) | Main | 夏のトラム(路面電車) »

観光ポイント」カテゴリの記事