« января 2008 | Main | марта 2008 »

февраля 2008

27.02.08

二つのモスクワ芸術座

Mkht0173 泣く子も黙る(?)モスクワ芸術座(МХАТ)。

1898年、スタニラフスキーとダンチェンコによって創設され、チェーホフが活躍の場としたこのロシア演劇の核は、1917年に分裂。両者ともトレードマークはかもめであるが、チェーホフ名称とゴーリキー名称とややこしい。1987年、ゴーリキー名称のМХАТに、タチヤナ・ダロニナが芸術監督に就任してから、前者を「男監督の劇場」、後者を「女監督の劇場」と呼ぶことがある。

どちらもモスクワの一等地にあることには変わりないが、ゴーリキー名称の方が建物がばかでかく、維持費がかかりそう。チケットは比較的安く、しょっちゅう学校から学生たちが参観に来ている。経営は大丈夫かという印象が強い。若い世代を劇場に取り込もうと、ここ数年はロックコンサートや海外の劇団が利用するなど、貸しホール的なこともやっている。

一方のチェーホフ名称МХАТ。19世紀からの建物をそのまま使っている。オレグ・タバコフが芸術監督に就任してから、タバコフ・スタジオ劇場やモスクワ芸術座附属演劇学校の役者の卵を多く起用するようになり、他国とのコラボレーション興行も増えた。まさに、「タバコフのМХАТ」という感じだ。客層も富裕階層が多そう。

私はどちらの劇場が好きかというと・・・、安いチケットで観劇できる点ではゴーリキー名称の方、奇想天外な演出の出し物を見られるという点では、チェーホフ名称の方が好きである。要するに、ケース・バイ・ケースなのだった。

|

26.02.08

レーニンの面影

建設ラッシュのモスクワ。近未来的な高層建築が次々と建てられる一方、かつての社会主義国家ソビエト連邦の面影をとどめる建築物もまだまだ健在だ。

モスクワ中心部や西部の新しい住宅地には見られなくなったが、東部の工場地帯や下町っぽい雰囲気を残す建物の中に比較的多く残る。特に青少年施設などには、ガガーリンなどいわゆる「ソ連の英雄」が描かれた壁画やレリーフを目にすることができる。

ソ連が崩壊して17年、社会主義的理念やピオネールといった年齢組織を体験したことのない世代が、もう大人になりつつある。彼らの目には、こうした遺物はパロディのネタでしかないのか、それともプーチンに塗り替えられるべきものと映るのだろうか。

Wall

Lenin


|

24.02.08

モスクワの夜景

モスクワでもライトアップがあたりまえとなった。きらびやかな目抜き通りはネオンがうるさい。中心部から少し離れたところの夜景の方が、建物や風景が一体となって美しい。白熱灯中心のオレンジがかった電飾が織り成す夜景は、日本の青白い光の海と対照的である。

Night_view1 Tverskaya Night_view3 Night_view6 Night_view2 Night_view7 Night_view_4 Night_view_5_2

|

21.02.08

黒パンファン

日本人には好き嫌いがある「黒パン(чёрный хлеб)」。ライ麦特有の酸っぱさと、少しぱさぱさとした食感が苦手意識を生む原因だろう。

ところが私は黒パンの魅力に取りつかれて、日本の食パンが食べられなくなってしまったクチ。黒パンの中でも一番黒い「バラジンスキー(Бородинский)」という名前のパンが一番の好物である。

黒パンは白いパンより多くのビタミンを含み、総じて低カロリー。目が詰まっているので、食べ応えがある。ロシア式の食べ方は、薄くスライスした1枚を半分に切って食べる。庶民的な食堂では、右手にスプーン、左手に黒パンというスタイルで食事をする光景がよく見られる。本当は行儀が悪いのかもしれないが、なかなか合理的な食事スタイルである。

Khleb2

Khleb1

|

19.02.08

ロシア語空耳アワー その1

日本語のある意味に聞こえてしまう外国語、それを人呼んで「空耳」というらしい。

ロシア語を勉強し始めたころ、私も数多くの「ロシア語空耳」に遭遇し、思わず苦笑したものである。全部は思い出せないが、今日はその主要なものを。

1.金銭(деньги)「ジンギ」と発音する。思わず「仁義」を連想した。あまりにもしょっちゅう聞く ので、ロシア人は仁義を尽くすのが好きな国民性なのかと勘違いした。

2.店(магазин) 「マガズィーン」と発音する。英語で雑誌を「マガジーン」というので、はじめのころはよく本屋を連想していた。

3.ちり紙・ナプキン 「サルフェートキ」(салфетки:複数形)と発音するが、私の耳には「サルエートキ」と聞こえ、「猿絵解き」と連想していた。

4.降水量 「アサートゥキ」(осадки)=浅葱(あさつき)と聞こえた。天気予報にネギがどうして関係あるのか不思議に思えた。

5.サワークリームのロシア語「スメタナ」(сметана)。今でも作曲家の名前が思い浮かんでしまう。

6.砂糖「サーハル」(сахар)の生格「サーハラ」(сахара)、サハラ砂漠のことを連想する。

7.「痛い」のロシア語「ボーリナ」(больно)。「暴利な」と聞こえたため、とあるシチュエーションでは「暴利をむさぼられた」と誤解してしまった。ある意味正しい空耳。

|

14.02.08

ご当地銘菓? 選挙グッズ?

ロシアにおける政治の季節は4年に一度。大統領選挙がメインだが、それに先立って地方行政区の首長や議員選挙がある。だが選挙戦といっても、日本と違って候補者が有権者の前にぺこぺこすることはない。もっぱら街頭演説(大統領候補だとテレビ演説)やライバル候補との討論が主な選挙戦パフォーマンス。それ以上のものはほとんどなし。なぜなら、結果はいつもわかっているからである。

ウクライナのオレンジ革命のような、自然発生的に生まれた選挙グッズがないのは寂しいが、たまにこういうものを発見する。

下のチョコレート菓子は、モスクワ県レウトフの行政地区旗マーク入りのもの。「未来へ向けて今日投票しよう!」と書かれている。投票率アップのためのグッズ作戦か。菓子の味は甘すぎずちょうどよかったが、果たして市民は投票に足を運んだのだろうか。

Shokolad1 Shokolad2 Sweet

|

13.02.08

喫煙所となるアパートの踊り場

Upstairs 喫煙者が多いロシアだが、意外と分煙が進んでいる。

職場ではもちろんのこと、家庭でもタバコは部屋の中で吸わない人が多い。これはいちおうeducated peopleのことで、いわゆるブルカラー、出稼ぎ労働者、格好つけた若者などはくわえタバコが目立つ。

分煙の場所で圧倒的に多いのは階段の踊り場だ。夏はベランダに行く人もいるが、ちょっと一服といって出て行く先は、たいてい階段の踊り場である。部屋の中ほどではないが、lスチームが来ている(あまり効いていないところもあるが)。

喫煙者のたまり場となる階段の踊り場は、いつもなんとなく煙たい。しかもたまり場を抜けて通らなければならないときは、タバコを吸いながらジロジロ見られてきまりが悪い。灰皿を置いている人もいるが、たまに各階に備え付けのダストシュートに吸殻を投げ捨てる人もいる。ボヤが起きることもしばしばだ。

|

11.02.08

お店の袋

かつて、モスクワで買い物をするときは、「マイバック」を持参す るのがあたりまえであった。ソ連時代から人々は「アヴォーシカ」という網袋をいつも携帯し、なにやら行列をみつけたらとりあえず並ぶという習慣があったという。

私がモスクワ生活を始めた1997年では、西側系のスーパー以外、袋は1枚50カペイカくらいで買うのが普通だった。ちょっと丈夫なビニール袋をもらうと、それをぼろぼろになるまで使っていた。

ところが今は買わなくてもビニール袋に入れてくれるし、店によってオリジナルのビニールバックを作っている。エコロジーの対極を行くモスクワの現在。いったん便利なことに慣れると、昔のようにマイバッグを持ち歩くようになるには時間がかかるだろう。

Paket2 Packet3 Paket1 Packet4 Packet5

|

10.02.08

Made in Chinaのチェブラーシカ

日本でもポピュラーなチェブラーシカぬいぐるみ。姉妹品としてワニのゲーナもあるが、どちらもしっかり「Made in China」のタグがついている。試しに中国人にチェブラーシカを見せて、これを知っているかと聞けば、ほぼ100%は知らないと答える。

つまり、中国では「こういうデザインのぬいぐるみ」であるという認識で生産されているわけだ。

以前はロシア製のチェブラーシカもあったそうだ。しかし中国製に押されてほどなく姿を消した。一方、中国製チェブラーシカは限定バージョンを含め、刻々と進化して熱心なコレクターの購買意欲をそそっている。たとえば、トリノ冬季オリンピックのときは、ロシアナショナルチームのユニフォームを着た白いチェブラーシカ、通称「白チェブ」が大人気となり、昨年私は地下道のキオスクで、柔道着を着たしゃべる(普通のチェブラーシカはおなかを押すと唄う)チェブラーシカを衝動買いした。

みかんを持ったのとかバケツとスコップを持ったのなど、アニメの内容にちなんだ小道具を持つたくさんのバージョンがある。これを中国工場に作らせているのはいったい誰なのか。どこで作られてどういう流通経路でロシアに来ているのか。チェブラーシカぬいぐるみの謎は深まる。

Chebrashkaaa

|

08.02.08

りんご料理

Apple_cooking2 Apple_cookingApple_dish_22もっぱら生で食べる日本のりんごだが、ロシアでは加熱して食べる機会が多かったように思う。

ロシアのりんごは皮が厚くて酸味も強い。あえて言うなら、日本の「紅玉」に似ている。コンポートやジャムなどの甘系加熱食品のほか、普通の料理にも使う。

私が教わったのは、りんごのソテー。
りんごの芯をくりぬき、フライパンに並べて上からひまわり油をかける。皮むきしなくていいから、非常に楽だ。フライパンの蓋をして中火にかけていると、中から水分が出てきて炒め蒸しとなる。

これは肉料理のつけあわせにもってこいである。りんごに含まれる酵素がたんぱく質分解を促し、こってりした肉にさっぱりとしたりんごの酸味で胃がもたれない。ダーチャでとれた大量のりんごは、保存食に大量に使われた後、このような料理で日々消費されていく。

Apple_dish1 Apple_dish2

|

07.02.08

モスクワ地下鉄のタッチ&ゴー

  Zheton2 以前はジェトンというコインを投入して乗車していたモスクワ地下鉄。乗車賃はわずか5カペイカだったという。何時の頃からか緑のプラスチックコインを投入するようになった。1999年ごろから磁気テープのついたカードが使われ始めた。改札の機械に挿入すると、乗車記録が記入され反対口から帰ってくるタイプ。モスクワ地下鉄はどれだけ乗っても同じ料金なので、出口の改札でまたカードを機械に通す必要はToken12ない。したがって、1回乗り切りの乗車券は、ほとんど使い捨て状態だった。

悲しいことに、地下鉄乗車券を売る自販機が2003年ごろ作られたにもかかわらず、まっ たく実用化できず、今でも窓口で係員が対面販売している。Metro_card

Zheton_2 そして2000年ごろには、「タッチ&ゴー」式の乗車カードが出回り始めた。当時はいわゆる「定期券」だけがタッチ&ゴーだったが、今ではすべてのカードがその方式となっている。Metrocard

どんどん進化するモスクワ地下鉄改札口だが、「キセル行為」だけは、改札の棒をくぐったり乗り越えたりで、依然として同じ手口である。

Metrocard

|

02.02.08

ツィガン―モスクワのジプシー

ロマ人(俗称:ジプシー)のことを、ロシア語で「ツィガン(Цыган)」または「ツィガーネ(Цыгане)」と呼ぶ。インドを発祥とするロマ人は、15世紀ごろ東ヨーロッパにたどり着いたという説があるが、他の東欧地域と同じく、今もモスクワには多くのロマ人が住む。

ジプシー音楽とかジプシー舞踊などといったエンターテイナーの要素はほとんどなく、ツィすこぶる悪い話だけが語られる。子どもが集団で外国人を取り巻いて金品を巻き上げたとか、占いをしている間に財布を抜き取られたとか、怪しい薬を売りつけられそうになったなど。外務省安全情報でも、年中ジプシーとスキンヘッドには警戒するよう警告を発しているが、被害は減らない。

キエフ駅周辺は、以前タバコの闇市があり、ツィガンがそこで商売をしていた。なんと、警察と結託しているツィガンもいて、警察にワイロをつかませてヤミ商売や恐喝を見逃してもらったりしていたらしい。

ツィガンが黒魔術に通じていることから、ロシア人の中にはツィガンの「邪視」を信じている人もおり、彼らと目を合わせないようにしているそうだ。

ツィガンの集団は、以前は大きな駅周辺(以前のクールスカヤ駅やキエフスカヤ駅など)や目抜き通り(ノーヴィ・アルバート通りなど)に出没していた。女性はくるぶしまである長いスカートを履き、頭にはスカーフを巻いている。髪型もロングヘアーを束ねている。統制のとれた概観はまるで制服を着ているようだ。不思議なことに彼女らの背丈は全員同じくらいで、抜きん出てチビとかのっぽな人はいない。女性グループの中には、必ずまとめ役とおぼしき年配女性がいて、グループのメンバーがしっかり通行人にからんで金をせしめているか、見張っているようだった。

ツィガンの女性たちは、若い頃はけっこうきれいな顔立ちなのに、年をとると妙に毛深くなり、眉がごつくなって顔のうぶ毛がヒゲに見える人もいた。

彼女らは、「カモ」をみつけると擦り寄っていき、「運命を見てやるよ」、「タバコ買わない?」などといって声をかける。無視しても別の女が声をかけてくる。いったん興味を示してしまうと、金を巻き上げるまでしつこくつきまとう。巻き上げられた金は、まとめ役のところに「上納」される。

闇市が次々と閉鎖された昨今、ツィガンの男性たちは何をやっているのか? ロシア人に聞くと、「女が働くので、ツィガンの男たちは遊んでいられる」との答え。スキだらけの法治国家ロシアのことだから、きっと他にも儲かる商売があるのだろう。

モスクワのツィガンらは、「ジプシー=放浪者」というイメージは皆無だ。実際、ロシアのツィガンたちは定住している。これはソ連時代の政策が移動の自由を制限(1956年)していたことの名残にほかならないが、モスクワ郊外には、ツィガンが集団で暮らす「ツィガン村」まである。ただし、この村が行政上、正式に村として認可されているのか、それとも単なるツィガンの集落なのかはっきりわからない。

一方、ツィガンの中でも「ロメン劇場」で働くツィガンたちは例外的存在。また、有名人の中に「ツィガンとの混血」を自称する人たちがいるが、これも真偽は不明。ユダヤ人同様、長くヨーロッパ社会で差別されてきたツィガン。定住化政策を強いた上、今も被差別待遇を甘受しているわけだが、共産主義すら彼らを「同化」できなかったことがよく見て取れる。

|

01.02.08

変わる地下鉄デザイン

New_metro_station5 New_metro_station2 New_metro_station3 エリツィン政権時代、経済的事情により凍結されていた地下鉄工事が、 プーチン政権になってから続々完成している。目玉はなんといっても、モスクワ副都心として脚光を浴びているモスクワ・シティ路線。電光掲示板がまぶしいシルバー基調の構内。また昨年は、新たに「トゥルブナヤ」と「スレチェンスキー・ブリヴァール」が開業した。New_metro_station1

どんどん広がるモスクワ地下鉄網であるが、昨今開業の地下鉄駅は、従来の「芸術的で重厚な」イメージから「明るくモダンで華やか」なデザインにNew_metro_station4 変わりつつある。

一方で、「エレクトロザヴォッツカヤ(訳せば電気工場駅となる)」がすでに2年越しの閉鎖修理。日本のように、利用者の便宜を図って短期間に終わらせるということはない。

New_metro

Trubnaya2 Tsvetnoy_bulvar Tsvetnoy_bulvar2 Trubnaya

http://www.metro.ru/map/

|

« января 2008 | Main | марта 2008 »