« 徴兵制の悩み | Main | ロシア人と家のあかり »

19.06.08

プリチューダ(Причуда)

Tort1_2愛するロシアのチョコ菓子。なかでもウエハースを層にしたタイプは大好き。普段は個包装のコンフェーティを愛食するが、たまには個包装を30個くらい並べたようなでっかい菓子も食べたい。こんな甘いもの党のために作られた(?)菓子がある。

「プリチューダ」は1855年、モスクワに作られた老舗菓子工場のボリシェヴィク(Большевик)から発売されているチョコレート菓子(厳密には、スポンジ生地が使用されている"ケクス"ではないケーキ、”トルト”である)。

菓子の名前「プリチューダ」は、辞書によると「気まぐれ/妙なクセ」などの訳があるが、癖になるほどおいしい、ということか?

最近はウエハースだけのプレーンタイプから、カカオ増量タイプやヘーゼルナッツをはさんだもの、キャラメル味や複数のナッツを入れたものなどが登場。増量タイプも発売され、中身も包装も進化している。Prichuda


 Tort2          

Tort3

|

« 徴兵制の悩み | Main | ロシア人と家のあかり »

「甘いもの」カテゴリの記事