« декабря 2008 | Main | февраля 2009 »

января 2009

31.01.09

ロシア人はなぜ民族衣装を着ない

ロシアの民族衣装といえば、ルパシカ(ブラウス)、サラファン(ジャンパースカート、韓国のチマとほぼ同じ作り)。意外なことだが、これら「民族の伝統的服」を自前で持っている人は非常に少ない。おそらく日本人が和服を持っているパーセントより少ないだろう。

理由は主に「着る機会がないから」である。

一般にロシア人は冠婚葬祭や公式行事に伝統衣装を着ることはない。いわゆる普通の洋装で通す。では、伝統衣装を着るのはどういうときかというと、大方のロシア人にとって、それはロシア民謡を歌ったり楽器を演奏したりするとき、お祭りイベントに"出演"しているときなど「何かパフォーマンスをするとき」なのだそうだ。だから、「結婚式にサラファンを着ないの?」と尋ねると、「え??」という反応が帰ってくる。

一番伝統的衣装に近いスタイルをとっているのが、郊外や地方都市に住む「おばあちゃん」たちだ。彼女らはシャツとズロースの下着に分厚いタイツ、ルバシカと長いスカートをはき、DollSarafanredカーディガンを羽織っている。最後はプラトーク(スカーフ)で頭を覆って前結び。長靴のようなブーツを履く。ほとんど半で押したように同じ着こなしだ。

お土産市場へ行くと、サラファンやルバシカはけっこうな値段で売られている。外国人旅行客相手に、オーダーメイドを受け付けたり、実にいい商売をしている。和服なんかより安いんだから、ロシア人も伝統衣装をどんどん着たらよいのに、と思ってしまうがどうなんだろう。

Doll_back

Sarafanblue ちなみにサラファンの形状は、肩つり紐タイプやエプロンタイプ、ヨーク切り替えタイプなど、土地によって若干違いがある。リボンヤーンを多用したり、刺繍のほどこされているものほど高価。ルバシカは肩ではいである「ラグラン袖」タイプがほとんどである。

|

27.01.09

グジェリ工場見学記 最終回(附属博物館とショップ)

Photo Gzheshopimg_0396

グジェリの製作工程を見学し終わると、私たちは工場併設博物館と売店Gzherfabricimg_0345 に案内された。

博物館には有名グジェリ作家による大作、アンティークもの、珍しいグジェリ、彩色を施した陶器などを展示。グジェリのチェスやシャンデリアはなかなか見ごたえがあった。
グジェリの変遷なども展示されており、グジェリに特徴的なモチーフや技法の変化などが解説されている。ただしあまりよく整理されていないため、わかりづらい。
有名グジェリ作家には、ナターリヤ・ベッサラボヴァ、タチヤーナ・ドゥナショヴァ、アレクサンドル・フョードロフらがおり、それぞれグジェリの典型的なスタイルやモチーフを編み出した職人とされている。Marketimg_0397

見学ツアーのため博物館はさらっと一巡して、工場併設のショップへ。ここでは市価より何割か安く「本物の」グジェリを入手できる。また希望者は名入れなどのオーダーを行える。
ショップの外の露天では、なぜかマジョルカ焼きが売られておりグジェリとの待遇差を感じてしまった。 
見学の楽しみは買い物の楽しみでもあるのだから、ここでしか買えないものを大急ぎで買ったというのは言うまでもない。

Museum4
Museum3img_0371

Masterpieces1
Museum2   

Prosessimg_0369Prosess2img_0368

|

24.01.09

グジェリ工場見学記3

Bakerimg_0358 Bakeimg_0392_2「2」からかなり時間がたってしまったが、まだ見学は続く。

←グジェリの素焼き窯

さまざまな形に型抜きしたグジェリは、よく乾燥させ800度(ユーラシアブックレットによれば600度)で素焼きされる。その後、いよいよ絵付けである。絵付けデザインは、伝統的な図柄、もしくはいわゆる「アーフトル(作家)」によって考案されたものをもとに、絵付け職人によって描かれる。絵付けにはコバルトが用いられる。素焼きに描いているときは黒だが、焼きあがった後は美しいブルーに発色する。製品の隅に、グジェリ工場のマークや作家のサインなどが入れられる。いわゆる「本物」の証Testing2img_0360 Testingimg_0385 拠だ。

絵付けが終了すると上薬をかけ、今度はガス窯で焼く。焼く温度は1600度くらいだそうだ。出来上がったグジェリは、入念にチェックされ出荷される。

最近はオーダーメードも受け付けていて、名入れの食器や置き時計、燭台や人形など、大型で豪華なものもよく注文されているという。また、シンプルな白・ブルーだけでなく、金色を施したものも人気があるという。

後になって気がついたが、この工場の労働者はマジョルカ焼きを作っていたグルジア人以外、ほぼ全員が女性。ロシアの主要な民芸品も、製造を担うのは圧倒的に女性なのであった。

Drawingimg_0389

Paitimg_0390
Paint2img_0391_2Painterimg_0348

Paintersimg_0346 Paintersimg_0362 Paintedworksimg_0361
Drawing2img_0388_2 Drawing3img_0387

|

21.01.09

天然のアイス・スロープ

友人のアパート近くに、氷のスロープができていた。もちろん、雪が踏み固められてできた自然のスケートリンクだ。窓からのぞくと、なんと大勢の子どもたちが滑っていることか。彼らはかなり傾斜した氷の上を絶妙なバランスで滑降。暗くなっても滑っていた。なかなかスリルがあって、見ている方も飽きないのであった。

|

19.01.09

マルシュルートカ

「マルシュルートカ」は、バスなどと同じコース(マルシュルート)を行く乗り合いタクシーだ。ワゴン車に定員はだいたい8~10人。助手席にも乗り込む。料金はコースによって違うので一概に言えないが、モスクワ「市」の端っこからМКАД(環状線)を越えてモスクワ「県」に行くのに、15-20ルーブルぐらいから(2005年当時)。地下鉄の2倍くらいだが、どこまで行っても初乗料金なので遠くへ行くほど割安感がある。

乗り込んで出発を待つ。座席が埋まらないと出発しないから、早く乗り込めば好きな席を確保できる。乗客が埋まると運転手が料金を集め始める。後ろに座っている人は、自分の分を前の乗客に回す。

運転手はアゼルバイジャンなど、出稼ぎ旧ソ連圏の男性が多い。低賃金の歩合制なので、できるだけたくさん決められたコースを往復しなければならない。勢い走行スピードが速くなり、事故も多発。ロシア語がよくわからない運転手も。

それでも必ず座れ、乗降客がいないのに全部のバス停で停車するバスやトロリーよりも速く、「ここで降ろして」と言えば降ろしてくれる融通のよさで利用客は多い。

もちろんマルシュルートカにはバスや地下鉄などのような定期券や回数券はなく、いつも現金払いである。

Marshrutka02_2

|

14.01.09

つばめが丘駅の冬

Station_on_river

モスクワ川にかかる橋が駅舎となる「つばめが丘駅」は、橋の両端が出入り口だ。かたやルジニキー・スタジアム方面、かたやコスイギン通りに向かう公園方面。どちらも自然の移り変わりが美しく、いつ来ても「絵になる情景」だ。97-99年当時はまだ工事中で、こんな美しい景色が見られるとは想像もしていなかった。

特にモスクワ川が凍る冬が好きで、用事もないのにつばめが丘駅に来た。白い雪に覆われた川岸と川を眺めるのが楽しかった。少々残念だったのは、駅舎のガラスがいつも汚れていることだが・・・。

|

12.01.09

振替労働日

年末から延々2週間近く続いたロシアの冬休みが終わった。それもこれも正月から1週間も遅れてクリスマスがやってくるということに起因しているのだが、すっかり休みに慣れてしまったロシア人はすぐに仕事モードに切り替えることができない。もっとも、積極的なビジネスマンは別だろうが、この金融危機ではヒマをもてあましているにちがいない。

ところで、日本になくてロシアにある不思議な制度、それは「振替労働日」である。

たとえば、月曜とか火曜に祝日がある場合。公休である土曜日を働いて、祝日に休みを続けてしまう制度だ。日本の「振替休日」とは逆の発想である。

働きすぎと批判されていた日本と違って、振り替えてまで働くことを強いられるロシアでは、勤労意欲を絶やさないことが大切なのだろう。それでも、休暇がしっかり保障されているロシアの方が、いくぶん人間的な感じがするのだが・・・。

|

10.01.09

冬のトロリーバス

心底冷えるロリーバス。運よく座席下にスチームの通っているところに座れればよいが、座席が汚れていることも多いので、なかなか座るのはためらわれる。私がモスクワにいた頃は、まだタロンに自分でパンチを開ける車両が一般的だったので、凍える手でパンチを押すのは至難の業。トロリーバスの窓は、内側から氷つき、車窓は曇ってまったく見えない。

|

08.01.09

ロシア人はトラウマにかかりやすい?

ロシアのTVニュースをみていると、事故の報道がとても多い。そこでよく「トラヴマチズム」とうい言葉を聞いた。てっきり、事故の惨状からくるPTSDかと思い、ロシア人はトラウマにかかりやすいんだな、と勝手に解釈していた。

ところが後日「травматизм」は外傷であることがわかった(もちろん、トラウマ、心的外傷の意味もある)。露英辞典によると産業による怪我、つまり労災の意味もあるようだ。ロシア語で怪我は「ранение」とか「ушиб」しか知らなかったことで生じた「空耳」である。

|

05.01.09

モノレールからみたモスクワ冬景色 4

|

04.01.09

モノレールからみたモスクワ冬景色 3

|

03.01.09

モノレールから見たモスクワ冬景色 2

|

02.01.09

モノレールから見たモスクワ冬景色 1

以前アップしたモスクワモノレールの車窓から見たモスクワの冬景色です。

|

« декабря 2008 | Main | февраля 2009 »