« モスクワの一般薬局 | Main | ついでに「FUZZ」についても »

31.05.09

「OM」編集部アポなし訪問の思い出

気に入った雑誌がみつかると、編集部を訪ねて見たくなるという妙な性癖を持っている。モスクワのキオスクで「見かけたら購入」していたのは、ロック音楽雑誌「FUZZ」、それから90年代はわりと音楽に比重が置かれていた「OM」であった。ロシアでは、新聞・雑誌の類は主にキオスクで買うという慣わしになっていたので、場所によっても値段がばらばら。しかも同じキオスクで次号が必ず入るとは限らず、いつも出たとこ勝負であった。

そういうわけで、どうしてもバックナンバーがほしい私は、「OM」の編集部に直接談判に行くという暴挙に出たのであった。

奥付によると、「OM」の編集部は地下鉄スパルチーブナヤとパルク・クリトゥーリの間あたりにある。住所と地図を片手にあたりをうろつくが、石造りの少々古めかしいアパートが連なっているだけで、該当する番地にもプレートらしきものがない。しかたがないので、「該当番地」の建物に入り、たまたま警備がいたので「OMの編集部はどこですか?」と尋ねた。すると、あっさりと「こっちの部屋」といって案内してくれた。当時はまだプロプスク(入構証)や許可証がいるなどとうるさいことを言わなかったため、ノーアポ、ノードキュメントでまんまと編集部に入りおおせた。

当然、編集部の受付嬢はいきなりやってきた東洋人にびっくりした様子で、「いったい何の用ですか?」 とりあえずバックナンバーがほしいというと、別室に通され編集部に残っているものをもってきてくれた。ロシアでは編集部で直接買えば少し安くなるということを知っていたので、割引をお願いして、そこにあるすべてのバックナンバーを購入。おもむろに風呂敷を広げ、「OM」を包んで持ち帰った。

さすがに編集部の内部を観察ということはできなかったが、音楽・サブカルチャー雑誌の編集部にしては学校みたいなマトモさで正直驚いた。紙類はあまり散らかっておらず、パソコンも1~2台あるだけ。みな黙々と机に向かっており、雑誌の中味とは落差がある。

2004年ごろから、ロシアのバブル景気に乗った派手なクラブライフみたいな内容に変わってしまい、私も「OM」ではなくて「FUZZ」だけ買うようになってしまったが、ちなみに「FUZZ」は発行組織がサンクト・ぺテルブルグにあるので、編集部訪問は実行できなかった。

http://www.om.ru/Om_zemfira

Om_sergey_bodrov_2 Om_okean_elizy_2 Om_nayk_borzov_2 Om_delifin_2 Om_tatu Om_cplin Om_churpan_khamatova Om_vopli_plyasova_2

Save0017

Om_bravo Om_masha_i_medvedi Om_b2_2 Om_zdob_si_zdul

|

« モスクワの一般薬局 | Main | ついでに「FUZZ」についても »

「事件回想」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133144/45107656

Listed below are links to weblogs that reference 「OM」編集部アポなし訪問の思い出:

« モスクワの一般薬局 | Main | ついでに「FUZZ」についても »