« グルジア料理レストラン「ウ・ピロスマニ」 | Main | 1988年のモスクワ »

27.07.10

モスクワの猛暑

今年はロシアもひどい猛暑らしい。モスクワでの最高気温が35度を越えるなど信じられない。日本ほどエアコンがいきわたっていないモスクワの一般住宅は、おそらく地獄のような暑さだろう。

私がモスクワにいる間も、猛暑となった年はあったが、今夏のような、数週間にわたる連続した暑さではなかった。それでも30度前後が続くと、周辺の森で火災が発生し、煙がモスクワ市内に流れ込んでくる。喉をやられる人も多かった。

湿気のない乾いた暑さで、とにかく暑いのだが汗はあまりかかない。実はそれが危険だ。発汗が少ないというのは、自覚して水分補給をしないと脱水状態になってしまう。ロシア人はそれでなくても汗腺が少ないそうだから、体内温度の上昇が大きくなってたいへんなようだ。

今年は森の自然発火に加え、光化学スモッグも出ていると聞く。大統領時代は温暖化を歓迎していたプーチン現首相も、こういう事態を見れば少しは考えが変わるであろうか。

|

« グルジア料理レストラン「ウ・ピロスマニ」 | Main | 1988年のモスクワ »

気象・天体事象」カテゴリの記事