« декабря 2010 | Main | февраля 2011 »

января 2011

25.01.11

テロ社会再び? 

ドモジェドヴォ国際空港で爆弾テロ事件が発生した。現在の死傷者は200人を下回っているが、まだ多くなるかもしれない。2010年3月の地下鉄連続テロ事件以来1年たたぬうちに、首都における国の玄関でテロが再発したことは、2002-2005年のテロ連鎖を思い起こさせる。

これまで何度も交通機関は標的にされてきたわけだが、今回は国際線が発着する空港が狙われた。ロシア人だけでなく、多国籍の人間を犠牲にするがあったことが明確だ。しかし、当局はすでに「カフカス系」の犯行としており、監視モニターに映ったとされる容疑者が拘束されるのは時間の問題だろう。

今回の報道を聞いて、モスクワの知り合いに尋ねてみた。彼は「またか、という感じ。テロ慣れした」という返事。「モスクワでは、外にいても家にいても、安全は保障されない」と、あきらめとも投げやりともいえる答えが返ってきた。そして「誰が犯人かということには、まったく関心がない」とさえも。

すべてのロシア人がこうであるとはいえないが、漠然とした恐怖を感じながら、どうすることもできない当局と「異民族」に不信感を抱えている。私がモスクワにいた頃も、いつ隣にいるかわからない自爆テロリストを恐れたものだが、自分が「異民族」である以上、逆にテロリストと疑われる可能性があることも身をもって感じた。

不信がテロを呼ぶのか、テロが不信を招くのか、それが本当に「カフカス系」の犯行であるにせよ、当局の計略であるにせよ、選挙やオリンピックなどに向けてロシアでのテロ発生は、今後増えていくのではないかと危惧する。

|

17.01.11

二重窓

寒いロシアでは、二重窓でないと暮らせない。もちろん古い建物では、窓枠が木製だったり建付けが悪くてすきまがあったりするので、たとえ窓が二重でも目張りが必要だ。

幸い、私の住んでいた部屋の窓はいわゆる「ヨーロピアン・リノベーション」が施してあったので、窓枠はサッシだった。おかげで目張りをする手間が省けたわけだが、窓の鍵は開けにくく一度開けたらきちんと閉まらないというところもあって、掃除などできないところがあった。

大通りに面していたせいで、外側の窓はいつも排気ガスで真っ黒だったが、窓辺においていた君子蘭は毎年花をつけていたし、冬場は暖房でかなり乾燥しているので結露もない。小窓をあければ空気の入れ替えも自在だったので、かなり快適だったといえよう。Window031

|

« декабря 2010 | Main | февраля 2011 »