« カタストロファという言葉 | Main | チェルノブイリとフクシマ »

28.03.11

モスクワ地下鉄テロと携帯電話の進化

地震と津波と原発事故のニュースに釘付けの毎日の中、モスクワ地下鉄でのテロから1年が過ぎた。2012年春の大統領選に一石を投じたといわれるこの事件。今年起こった空港テロで、ロシアでは再びテロが日常と化した様相だ。

私がモスクワにいた頃も、テロが日常化していた。しかし、今と決定的に違うことが一つある。それは携帯電話の進化だ。

地下鉄パヴェレツカヤでの自爆テロのとき、私たちが使っていた携帯電話はまだ写メールもできなかった。携帯電話は通話がメインだったので、もっぱら安否確認のツール。無残な社内の様子は、テレビや翌日の新聞を見るまでわからなかった。

あれから7年。テロ事件現場にいた人たちは、ジャーナリスト顔負けに果敢にも携帯カメラで動画に収め、YouTubeなどの動画サイトに流す。同じことはドモジェドヴォ空港でも見られた。そのため、報道の時差はあっても日本にいても、ほぼ同日に惨状を見ることができ、事件の詳細を知ることになった。

しかし、惨事を実況で目撃するような日常生活は、どんなに恐ろしいものだろう。起こるかもしれないと思いつつ、いつ起こるかわからないものは恐ろしい。それはテロも自然災害も同じだろうが、少なくともテロは怨恨が残っていくだけに恐怖の増幅は大きい。

|

« カタストロファという言葉 | Main | チェルノブイリとフクシマ »

「事件回想」カテゴリの記事