Posts categorized "中国人在莫斯科"

04.02.11

モスクワで出会った中国人

Chinese_community0047モスクワに滞在している間、何人かの中国人と出会った。いずれも中国大陸から来た人たちだったが、いわゆる出稼ぎの中国人とは異なり、余裕ある異国での生活を満喫していた。

最初に知り合ったのは、「北京青年報」の若い記者とその妻。ちょうど私のアパートの向かい側の外国人用アパートに住んでいた。奥さんはロシア語ができなかった。ご主人は驚くほど早口でロシア語をあやつっていた。子犬を飼っていたが、 子どもができたというので、その犬をどこか別の家にあげてしまった。

同じころ、知り合いを通じて知り合ったのが、これまた「北京晩報」の記者とその妻。お宅に遊びに行った時、地下鉄アカデミーチェスカヤ駅から雪の中を延々歩いてたどりついたことを覚えている。二人ともロシア語ができるようだったが、私との会話は中国語だった。

「東洋美術館」で知り合った中国人男性。彼はムルンバ民族友好大学の留学生だった。プライベートなことはほとんど話さず、もっぱら東洋美術館での鑑賞友だち。

日本人と結婚していた中国人2人。2人とも日本語はできるが、3人で会うと中国語になった。うち1人はすでに帰化済みで名前も日本名を持っていた。もう片方の中国人は、ご主人の悪口をかなり言っていたが、妊娠すると中国へ帰って出産した。

私がいたころのモスクワは、まだビジネスマンがそれほど台頭しておらず、余裕ある生活をしているのはもっぱら政府関係者かジャーナリストくらいだった。おそらく今は状況が一変しているだろう。ロシア国内でも中国の比重は日に日に増している。対中国民感情はよくないが、中国抜きに経済が成り立たないロシアの状況は日本と同じ。どちらが飲み込むか飲み込まれるか、水面下の競争はきっと熾烈なものかもしれない。

|

11.12.10

在モスクワ中国人キリスト教徒

Moscow_chinese_church0044異国に暮らす同胞が集まる機会はさまざまだ。そのうち宗教による集まりはきわめて団結力が堅い組織だ。

日本に大韓民国キリスト教会があるように、モスクワにも韓国人クリスチャンの教会がある。そして、中国人キリスト教徒の教会もあった。

このチラシは中国人街で売られている中国語新聞の折り込みだ。台湾同胞でもなく、いったいどういう系統のキリスト教教会なのかよくわからない。また、アパートの一室なので、礼拝に潜入するのは少しためらわれた。

ソ連崩壊直後には、オウム真理教も勢力を伸ばしたロシア。混沌とした土壌に宗教は根付く。人心がよりどころを欲した場所が、すなわち宗教が芽生える場所となる。

|

09.08.09

新しいチェルキーゾフスキー市場開場?(続報)

ロシア最大のチェルキーゾフスキーが閉鎖され、行き場に困った商品と決済不能となったビジネスマンたちは、当局との軋轢を生んだ。ところが、ロシアのメディア「Ведомости」によると、モスクワ郊外のバラシハ(Балашиха)に閉鎖されたチェルキーゾフスキー市場に代わる新しい市場を作る計画が盛り上がっているらしい。

すでに200あまりのパビリオンが出店待ち、「グレーでない、きちんとした商品」を売ることをモットーに掲げている。その一方、いわゆる出稼ぎ労働者である中国人とベトナム人への締め付けは強化されている。

http://www.vedomosti.ru/newspaper/article.shtml?2009/08/06/208579

一方、中国のメディアで下記のようなニュースをみつけた。

一名俄罗斯警察涉嫌抢劫华商千万卢布被扣押 发表时间:2009-08-07 07:57 来源:中国新闻网

ロシアの交通警官が、中国人商人に対して1000万ルーブルに相当する米ドルを恐喝して逆に検挙されたという話だ。同様な恐喝ケースはあいついでおり、数名の中国人商人らが違法性と人権侵害にあたるとして、検察局に検挙を呼びかけた。

しかし多くの商人は泣き寝入り。ひとたび警官を検挙すれば、自分たちの商品は一晩のうちになくなってしまい、一部は市場保安管理所に、もう一部は警察に取られてどこにあるのかわからなくなる。嫌がらせと権力乱用のいたちごっこともいえる。

チェルキーゾフスキー市場はたしかに正当な通関商品ばかりではなく、グレーなものから闇なものまで扱われていた。今回目をつけられたのはその部分だが、警察権力というハゲタカは、狙った獲物の骨までしゃぶるということだろうか。



 

|

31.07.09

チェルキーゾフスキー市場の閉鎖は政治問題?

モスクワ最大のお土産市場「ヴェルニサージュ」に隣接する巨大市場、「チェルキーゾフスキー」がついに閉鎖された。完全閉鎖の発端は、チェルキーゾフスキーで巨万の富を得たトルコの富豪が豪華ホテルでリチャード・ギアらをゲストに開業記者会見を行い、その後のパーティでドルをばらまいたことだという。これがプーチン首相の怒りを買った。

ロシア側から見て、チェルキーゾフスキー市場の商品はすべて「密輸品」であり、ロシア政府に税金も払われておらず、不法入国者・不法滞在者の温床になっているため「浄化」が必要とされたようだ。閉鎖の別の発端は、チェルキーゾフスキー市場で大量の「不合格」商品が横領されたことが発覚、その商品の大半が中国製品であったことである。

一方中国側は、突然の市場閉鎖はロシアの深刻な経済低迷があるとしている。プーチン首相やルシコフ・モスクワ市長らがチェルキーゾフスキーを標的とし、「浄化」作戦を実行、ロシアが中国製品を「排斥」する口実としていると分析している。

コレに対し、在ロシア中国大使館の経済商務参事官は、ロシアの制裁に断固反対しているもよう。

チェルキーゾフスキーで働いていた労働者約1万人は、大半が労働許可証を持たず、これまでに3度にわたって身柄を拘束される「不法滞在者狩り」が行われている。身柄を拘束されているのは、中国人、ベトナム人、タジク人などで、すでに強制送還も実行されている。また、チェルキーゾフスキー市場に貯蔵してあった商品は、ロシア警察に押収=私有化されるのではないかと危惧されている。

http://www.rb.ru/topstory/economics/2009/07/16/084956.html

http://www.vedomosti.ru/newspaper/article.shtml?2009/07/30/207569

http://zzwb.zynews.com/html/2009-07/10/content_97056.htm

http://epaper.syd.com.cn/sywb/html/2009-07/22/content_478989.htm

http://club.xilu.com/junshi7766/msgview-975644-78275.html

|

19.03.09

中国人向けロシア語教材

ふつう、ロシアで外国人向けに使われる教材は、ロシア語のみ、もしくは英語が仲立ちとなるものだった。ところが、中国人留学生の増加に対して、中国人向けの教材も出版されていた。発行元は、東洋学術方面を得意とするムラヴェイだ。

「相聚在莫大」は「モスクワ大学に集う」というタイトルのロシア語教科書。文字の解説などは省かれているので、入門以上が対象と思われる。力点がつけれられていないテキストは、「ロシア語で話しましょう」などのテキストを使ってきた入門者にはかなり難しく感じるだろう。中学・高校の教科書のような体裁。文法や構文もよくまとめられており、中国語(中級以上者)も一緒に学びたい人には一石二鳥か?

Textbook

|

17.10.08

中国語の新聞

中国人がコミュニティを形成するとほどなく発行されるのが“中国語新聞”である。モスクワの中国人社会では、主に5~6種類の中国語新聞が流通している。夕刊のみ発行する「晩報」も含めると8~9種類になるだろう。主に中国人が多く行き交う地域で入手することもできるが、紙面広告によると販売員が配達してくれるサービスもあるようだ。いずれにせよ、1部10-20ルーブルから入手できる(2005年当時)。

新聞とはいえ、体裁は中綴じの雑誌と同じ。1部が70ページくらいある。

内容は、中国国内のニュース、ロシア国内のニュース、国際ニュース、スポーツ・芸能、特集記事(政治経済から軍事まで多彩)、娯楽・ゴシップ記事(グロテスクな見世物記事が多い)、家庭、美容や健康、クロスワード、小説(歴史小説からポルノまで)、そして大量の広告から構成されている。
記事の大半は中国国内で発行されている新聞からの転載である。

読んでおもしろく実用的なのが、いかにロシア社会でうまくやっていくかという「在ロシア中国人移民指南」記事と広告だ。中国人がどれだけロシアに根付いているかがよくわかる。中国人はたとえ外国に住んでいても、現地のサービスより中国人のサービスの方を好むようだ。そのため中国人同士で需要が発生する職種がどんどんロシアに入国していくことになる。

Chinese_newspaper Chinese_newspaper

|

27.08.08

ロシアにおける中国学

モスクワにいる間、研究室を訪ねてみたいと思った学者がいる。歴史学者ヴィーリャ・ゲリブラス博士だ。中国とロシアの経済・社会・政治問題を中心に 研究している。中国では北京大学や人民大学で教え、1992年からアジア・アフリカ研究所で、2000年より国際関係研究所で教鞭をとる。また、欧州中国 学協会の会員でもある。Authour

氏の本はこれまで二冊入手しているが(『ロシアにおける中国の現実』『グローバル化のロシアと中国人移民』 いずれもМуравей刊)、丹念なデータの読み込みと中国人コミュニティで発行される中国語メディアの数々を詳細に分析している点が秀逸。従来の紋切り型チャイナ・スタディとは一味違うところだ。

モスクワだけでなく、全ロシアにいる中国人の分布や国境を越えてくるルート、動機、そしてそこで形成されるコミュニティについて、中国当局でさえも客観的に把握していないような情勢が報告されている。

 

 

ロシアにおける中国人とは、溶け合わない異物のようなものであると同時に、必要不可欠な3K労働力であり、なにより国家が戦略的パートナーシップを 結ぶ国の民である。中国人の方から見れば、ロシアもビジネス相手国のひとつとしか見ていないようだが、ロシアの立場からすれば、中国人のたくましさは脅威 に映るに違いない。

 

いずれにせよ、外国人排斥に動くロシアによる在ロシア中国人への対応は、こうした民族社会学を利用していくことになるだろう。

 

 

ゲリブラス博士のほかに、ラーリン博士、ヴァスクレセンスキー博士といった研究者が、歴史学という立場からそれぞれ現代中国情勢を論じている。

 


| | TrackBack (0)

08.07.08

中国からの物流

昨年夏、モスクワのチェルキーゾフスキー市場を訪れたとき、倉庫の空きが目立っていた。セクターによっては閑散としており、市場入口の喧騒から取り残されたようである。この市場が近く閉鎖されるせいかもしれない。

中国人の物流は変化した。以前は、「担ぎ屋」が自分の身の丈の何倍もの商品を持ち込んでいた。彼らは何度も中国とロシアを往復するため、学生の身分を使って寮などに住んでいた。多くの商品をストックさせるため、自分の寝る場所さえも倉庫として使っていたほどだ。

現在は、物流やロジテック専門業者も出現し、シベリア鉄道を使って大量の商品を運送している。モスクワ郊外には、中国人物流業者が倉庫を兼ねた物流センターをつくり、これまでアゼルバイジャン人やグルジア人がやってきたマフィア物流とは異なるシステムを作り出している。そのシステムのどこまでが合法で、どこからが違法のままやられているのか判然としない。しかし、ロシア人の旺盛な消費欲を満たしているものの多くは中国製品であることに変わりはない。

Sklad

|

12.06.08

モスクワ中国市場における「食の安全」

足しげく通ったチェルキーゾフスキーの中国人市場。何度か粗悪品をつかまされたことがある。たとえば、中国東北地方で加工・袋詰めされたと思われる緑豆。家で煮る前に洗ってみたら、なんと小石がたくさん混じっていた。ザーサイの缶詰がさびていたり、真空パックの包装に空気が入っていたなどにも遭遇したこともある。中国からシベリア鉄道で運ばれてきたこれらの食材。きっと通関などでは品質に関する検査は受けていないだろう。冷蔵庫に入れて保管すべき加工食品が、外におきっぱなしということも頻繁に目にした。

加工食品に一種疑いを抱きつつも、アジア的な食材ほしさに通ったわけだが、当時は食の安全などあまり気にしなかった。ただ、食肉や川魚のいけすには手を出さず、生鮮食品で購入していたのはニラやターツァイなどの野菜と豆腐だけ。でも今考えてみると、加工食品は相当危なかったに違いない。

知り合いの中国人は生きたコイとカモを購入し、自分でさばいて料理したことを私に話してくれた。調理する直前まで生きていたわけだから、抜群に新鮮だったのはまちがいない。

Chinese_market1

Chinese_market2

Chinese_market3

|

13.01.08

中国語ブーム

Textbooks 10年前までは、本屋で一番品揃えの多い「アジア語学」の学習書は、日本語だった。ところが今は様変わり。

もちろん、アニメや日本食は大人気である。フランスのアニメおたくのように、日本語を漫画で学ぶ若者も多い。

だがアジアの言葉で一番学ばれているのは、中国語。ここ数年、中国語関係の教材が驚くほど増えた。Text1 入門書だけではなく、上級者を対象としたビジネス中国語の本も多数出版されている。中国語のTOFELともいえる「漢語水平考試」も始まり、参考書、問題集などが常備されている。おかげで日本語コーナーは隅に追いやられるか、中国語関係の本に席巻されているのが現状だ。

Text2 たしかにロシアと中国は現政権になってから蜜月状態。軍事・外交の戦略的パートナーとしてお互い自覚している。しかし、現実のロシア人社会を見ると、政治世界とは様子が違う。

大量の出稼ぎ者、地場産業を衰退させる激安商品、そしてロシア人社会とは隔絶した「中国人コミュニティ」の出現、こうした動きがロシア人の対中国人感情をまだまだ容易に軟化させない。

中国語が注目されるのは、経済的意味が大きいため。Text3 漢字圏でない国の人が中国語をマスターすることは、それだけ大きな努力を要するが、いったん習得してしまえば強力なスキルとなる。なんだかんだいっても、中国市場は大きな魅力。石油の顧客である中国をみすみす逃すわけにはいかない。

ただしこうした語学学習は、政治経済だけを念頭においたもので、中国文化を学ぶのとはわけがちがう。せっかく中国語を勉強しても、モスクワにいる中国人とは交流せず、ビジネスだけの手段となってしまうのは、なんとももったいない話だ。

|