Posts categorized "日本を作る"

30.11.10

モスクワの青森県人会

「家庭の銀行」がキャッチフレーズの「みちのく銀行」(青森)というのがモスクワにあった。一地方銀行がロシアに進出したということで、かなり話題となった。もちろん私も口座を作り送金窓口にし、住宅ローンもやっているというので、知り合いのロシア人を連れていって話をしてもらったりした。店舗も一等地だし、行員も(日本並とは言わないが)そこそこ愛想よく、悪くないサービスだったが、残念ながら撤退しみずほコーポレート銀行になってしまった。

この「みちのく銀行」、在モスクワ青森県出身者の求心的存在であった。

モスクワで知り合った日本人の友人の一人は青森県出身者。モスクワ暮らしが10年に及ぶという彼女は、里心が募っていたのか頻繁に「みちのく銀行」の日本人駐在員と連絡をとっていた。外出先にも電話がかかる。その会話は100%青森弁。普段の彼女の話し言葉、美しいロシア語からはまったく想像できない方言の嵐に、初めはびっくりしたがやがて慣れた。

モスクワでは日本人会なら作れるが、県人会を作ることなどなかなかできるものではない。聞けば、宴会はもちろん、一緒にカラオケに行ったりドライブに行ったりしているという。たまたま青森県出身者が多くモスクワにいた時期だが、同質な文化の共有者の集いに対して私は完全に異文化の者で、青森県人の集まりに参加することはなかった。

|

22.08.08

本格的すぎるDIY

Bonsaiモスクワの人々が誇りとする「自分のダーチャ」。家財道具もモスクワの家とダーチャと2軒分必要だが、ダーチャに重点を置く人はおおむねダーチャの手入れに手をかける。

知り合いのロシア人は本を買ってきて、敷地に一角に日本庭園を自作しているそうだ。いったいどこまで自作できたのか、見てみたかったが残念ながらかなわなかった。
一方、庭園は無理なので、盆栽をやりたいという人もけっこういる。もともと観葉植物が好きな国民性(?)で、家の中には空瓶などに植えられたの植物が窓辺を飾っている。盆栽はあれだけ小さい木なのに、大木と同じように見えるところがスゴイ、とか言っていた。そしてこれもお決まりのパターンで、日本人なら誰しも盆栽ができると思っているらしく、私にも盆栽の作り方を教えてくれと頼まれた。

やったこともない盆栽を教えられるはずがない。私はその人にロシア語で書かれた盆栽の本をプレゼントした。そして、「本に書かれたとおり」にして、本当に盆栽ができあがってしまうのだ(あまり難しくない木だそうだが)。つくづくロシア人のDIY才能はすごいと感嘆したのであった。

| | TrackBack (0)

10.01.07

和風カレンダー

January   ロシア人はネコ好きだ。カレンダーも犬よりネコの種類が圧倒的に多い。最近はエキゾチック路線をさらに追及した新たなカレンダーが出現。

なんと、日本の月名を冠したカレンダー。July_1

「むつき」、「きさらぎ」など、それぞれの月の読み方、漢字一つ一つの意味、そしてどうして日本ではそういう月の名前がついたのかなど、簡単な解説が施されている。

そうした「日本文化レCalenderクチャー」にネコがどうしてドッキングしたかわからないが、こんな奇妙奇天烈な取り合わせが可能なのもロシアならではかもしれない。

|

05.01.07

グジェリもどきの箸置き

Hashioki群青が白地に映えるグジェリ焼き。日本人に人気あるロシア陶器のひとつだ。私も大好きで、工場見学にも行った(詳細は見学記にて、現在準備中)

その日本人をターゲットにしたものか、イズマイロヴォのお土産市場では写真のような「箸置き」を発見。

売っていたおじさん曰く、「日本人向けに作ってみたのさ、10個買ったらまけてやるよ」。裏をひっくり返してみると、グジェリ工場の製造スタンプがない。「あー、これ偽物ですねー」と言うと、「アイディアの新しさを買ってよ」と抜け目のないおじさんの答え。結局、おじさんの商売熱心さに負けて8客分購入。

路上で売っているグジェリもどきの陶器には、チェブラーシカの置物など日本人の購買意欲をそそるものが多い。商品開発力は本家工場より贋作工場の方が優れているようだ。

|

16.12.06

苦肉の正月飾り

Flower_arrangement_for_new_year モスクワで正月を迎えるとしても、少しは和風のフィーリングを出したい。だが、モスクワでは門松も注連飾りも鏡餅も買えない。

せめて床の間に飾るような生け花だけでも、と思っても買える花はみなバラだのユリだの大ぶりの花ばかり。悪戦苦闘したすえ、右のような花を生けた(立華にしたつもりだったが、針金などでためてないから、全然形になってない)。

松がないのでモミで代用。花は小ぶりのマーガレットである。

ちなみに玄関のドアは、赤い紙に「福」を逆さに書いた中国式にした。

|